外壁塗装を行うタイミングはいつ?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

皆さんは外壁塗装を考える時ってどのような時でしょうか?

家を建てて年数が経過したから
ご近所の方が塗り替えを行なっていたから

など様々な理由があると思います。
今回は外壁塗装を行うタイミングについてご紹介したいと思います。

外壁塗装が築10年が目安と言われる理由

現在、日本住宅の外壁材の80%を占めると言われている、サイディングボード。
そのサイディングボードは主成分がセメントの為、元々防水性能はありません。工場出荷時に塗装を行い、防水性を保たせていますが、その防水性も5~7年で切れてしまいます。その他の外壁材も殆どが同様の年数で最初の防水性が切れてしまう為、
築10年を目安に1回目の塗装とよく言われています。

塗料の耐用年数

塗り替え時に使用する塗料には耐用年数があります。
このように、各系統の塗料によって耐用年数が異なり、耐久性が高いものは費用相場も高くなっています。
ここ数年ではアクリル系を扱う業者も少なくなり、ウレタン系、シリコン系が支流となっています。その為、約10年前後で耐久度が無くなることにより、塗装の時期である「外壁塗装は築10年」といった理由に結びつきます。
そして、築10年前後と言われている理由に、塗料の耐久度が大きく関わっていることがわかります。

もし、築10年以上外壁塗装をせずに放置していると?

外壁塗装が築10年と言われていますが、築10年以上もメンテナンスを行っていなかった場合はどうなるでしょうか?

建物内部の劣化が激しく高額なリフォームをすることになった
劣化が激しく、サイディングの張替えをすることになった

このように、築10年以上経っているのに何もメンテナンスを行っていなかった場合、建物内部にもかなりダメージが入っている為、高額なリフォームが必要になるかもしれません。

まとめ

外壁塗装を行うタイミングは、お家の築年数や劣化状況によって変わってきます。その為、築10年目を迎えるタイミングや、外壁に気になる症状が出た際には、お気軽に当社までご連絡下さい!
 
私たちが選ばれる3つの理由
スタッフブログ

充実したサービスで安心!

  • LINE相談
  • 外壁屋根診断
  • 遮熱断熱塗装省エネ健康
  • アフターサービス

〇後援、スポンサー企業、協賛企業、団体様

  • Floret
  • Arcness
  • 遮熱断熱塗装省エネ健康