屋根漆喰工事

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

皆さんこんにちは!
暖かい日が続いていますが、朝晩はまだまだ冷えますね。
体調に気を付けてお過ごし下さい!

今回は屋根の漆喰工事についてご紹介したいと思います。
まずは、よく知られていない漆喰についてご説明したいと思います。

漆喰とは?

日本の瓦の屋根には、漆喰を瓦の隙間に埋めて、雨水の侵入を防ぎ、瓦そのもののずれを押さえる目的で用いられています。
漆喰は水酸性カリシウムを主成分とする建築材料の為、酸性雨によって劣化が進むことがあり、そこから屋根の隙間に浸水し、雨漏りが発生したり、瓦のずれなどが起こる恐れがあります。

~施工前~


施工前の漆喰の様子です。
長年の劣化により、漆喰部分がボロボロになっています。


ひび割れ等も見受けられます。

今回、雨樋も外れてしまっていた為、修復していきます。

~施工中~

古い漆喰を取り除いていきます。
取り除く際、漆喰の後ろにある葺き土(ふきつち)は残します。
葺き土とは漆喰の下地となる土です。


漆喰を隙間なく均一に塗っていきます。
漆喰は適度な量を塗ることがコツで、あまり多く塗りすぎると盛り上がった漆喰に雨水が直接当たり、雨漏りの原因になる為注意が必要です。


漆喰の表面を専用のコテで整え、綺麗に仕上げました。

~施工後~


漆喰が乾燥し、綺麗に仕上がりました。

外れてしまっていた雨樋も綺麗に直りました!

このような事でお困りな事がありましたら、弊社までご連絡下さい!

お問い合わせ

川越市岸町2-10-25
川合住宅設備(株)
049-242-7477
 
私たちが選ばれる3つの理由
スタッフブログ

充実したサービスで安心!

  • LINE相談
  • 外壁屋根診断
  • 遮熱断熱塗装省エネ健康
  • アフターサービス

〇後援、スポンサー企業、協賛企業、団体様

  • Floret
  • Arcness
  • 遮熱断熱塗装省エネ健康